お風呂に浄水器を付けて綺麗な水を保とう!

空き部屋

メリットと業者の選び方

大阪にあるフロアコーティング業者を選ぶにはコツがあります。まずは料金のチェックですが、必ず現場に来てもらって打ち合わせをしましょう。他にもどんなフロアコーティング剤を使うのを調べておきたいです。それから光度を指定できる業者にしておくと便利です。

部屋

外気と建物内の空気を遮断

快適に生活するためにも、断熱材を使用しましょう。断熱材には、種類があり、目的に合わせて選ぶと効果的に断熱することができます。また、断熱材の他にも様々な素材を併せて使用することでより高い断熱効果をえることができます。

室内工事に関する助言

浄水器

安全にお湯を利用するには

最近は浄水器が一般の家庭に普及しつつありますが、自宅のお風呂用にも活用することをお勧めします。まず、キッチンなどの水道水と同様に、お風呂の水道やシャワーから出るお湯には消毒のための塩素が残っていますが、この塩素は肌や髪に悪影響を与える恐れがあります。特に、肌が弱い方や、アトピー持ちの子供がいる方は注意する必要があります。また、一般にお風呂に使われている電気温水器はタンクの中にお湯を貯めてそれを温めて給湯するように作られていますが、タンク内の水は全部新しいのと交換されずに一部がずっとタンクに残ったままになるかもしれません。これが続くと、タンク内に次第に汚れが沈殿していく恐れがあります。以上を考えると、お風呂のお湯を安全に利用するには、浄水器を設置することがいいでしょう。風呂場で使える浄水器には、例えばシャワーヘッドなどがあげられます。シャワーヘッドを交換するだけなので、浄水器としてはかなり手軽に活用できて、とても人気があります。また、蛇口とシャワーの間につなぐ据え置きタイプのものもあります。浄水器に使われるろ過材質には主に活性炭と塩素低減剤がありますが、後者が多く使われているようです。ただし、浄水効果を持続していくためには定期的にろ過材質が入ったカートリッジを交換していく必要があります。これらの浄水器を選ぶ際は、浄水の方式や形状なども考慮しながら、一定量のお湯につきどれくらいの有害物質を取り除けるかなどを調べてみるといいでしょう。

家と工具

高機能を望むならば

株式会社ジェブは、EPCOATと呼ばれる、高機能ガラスコーティングのフロアコーティングを提供している業者です。安全性も高く、利用者から高い評判を獲得しており、お年寄りや赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使用することができます。